結婚相談所でのお見合いを成功へ!相手に好印象を与えるポイント

結婚相談所で紹介された相手とお見合いする場合、相手に少しでも好印象を持ってもらいたいものです。
お見合いの場では第一印象が重要な役割を持っています。
この記事では、結婚相談所を利用してお見合いをする際に、今後の交際に発展する決め手となる好印象を与えるための要素と、反対に悪印象になる可能性の高い要素を紹介します。

結婚相談所でのお見合いで好印象を与える要素とは?

ここでは、結婚相談所のお見合い相手に好印象を与えるポイントを紹介します。

時間厳守は基本中の基本

結婚相談所のお見合いに限らず、約束の時間を守るのは社会人としての基本です。
大切なお見合いの日に遅刻をすると、お見合いに対して真摯な態度が無いというマイナスな印象を持たれる可能性があります。

万が一約束の時間に遅れそうな場合には、必ず結婚相談所の担当者に連絡を入れ、相手の方にお会いしたときに謝罪の気持ちを伝えることが大切です。

好印象の服装と髪型、自然な笑顔

お見合いの場に適した服装は、男性の場合はネイビーやグレーのスーツまたはジャケットが基本です。スマートな印象を与えるにはサイズ感を意識して選びましょう。
女性の場合は上品なイメージのスーツまたはワンピースがおすすめです。肌の露出を避けることはもちろん、ネイビーやベージュなどの落ち着いたカラーが良いでしょう。

男性の髪型は黒髪の短髪、女性の髪型ではストレートや毛先をゆるめに巻いたセミロングスタイルがお見合いの場で好感を持たれます。女性の場合、とくに清楚な印象を感じさせる髪型が男性に好印象を与えるでしょう。アレンジを加えるならハーフアップがおすすめです。

お見合いの席では、笑顔を意識することも大切なポイントです。表情がにこやかであれば「また会ってみたい」と思われるでしょう。
ただし、作り笑いは不自然です。会話の中でふとこぼれる笑顔が男性の場合も女性の場合もその人を美しく見せます。

結婚相談所でのお見合いで悪印象を与えてしまう要素とは?

ここからは、悪い印象を与えがちなポイントを紹介します。

清潔感が無い身だしなみ

服装や髪型はもちろんのこと、全体的にだらしなくて、清潔感が感じられない身だしなみは第一印象を悪くします。スーツやワイシャツの襟にシワがあったり、靴がきれいに磨かれていなかったりすると、マイナスイメージを与えるでしょう。
また、男性の伸びた髭や女性の長い爪と派手な色のネイルは、お見合いの場では清潔感が無い印象を与えます。

態度や話の内容

お見合いの最中にスマホを見たり操作したりする行為は、相手に対して失礼です。緊張をほぐすためにスマホを触る人もいるかもしれませんが、マナーモードに設定しておきましょう。

自分のことを相手に知ってもらいたいがために、自分のことばかり一方的に話すのは自分勝手な印象を与えます。また、相手の経歴や収入などを根掘り葉掘り聞くと、相手の心象を悪くするでしょう。
結婚に焦っているとつい交際や結婚に直接関係することを話しがちですが、相手に窮屈な思いをさせるような話題は避けるべきです。

結婚相談所のお見合いで好印象を持ってもらおう

お見合い相手に好印象を与えるには、服装や髪型などの身だしなみはもちろん、自然な笑顔を意識することが大切です。また、結婚相談所で紹介された初対面の相手にすぐに交際や結婚の話題を出すことは避けましょう。
相手を気遣い、お互いに楽しい時間を共有することで、自然と好印象を持ってもらうことができます。