40代からの婚活事情と結婚相談所が向いている理由

老後を視野に入れて婚活を行う人も多い40代。20代や30代のように仕事をしながら婚活を並行することが難しく、スケジュールにゆとりがないという声も少なくありません。

ここでは、40代のリアルな婚活事情と結婚相談所の利用について詳しく紹介します。

他世代と比較した40代の婚活事情

40代はいわゆる働き盛りの世代ですが、訳あって退職や転職を行っている人や、フリーランス・ノマドワーカー・アルバイトなどさまざまな働き方を選んでいる人もみられます。

40代はいわば人生の転換点ともいえる年代で、第2の人生を目指して勉強や資格試験に挑戦することもあり、自分に向き合いながら結婚も考えていくことになります。

一方で、プライベートが充実している人でも出会いが少なければお相手探しは難航します。そこで結婚相談所を活用し、相手を見つけていくことになります。

40代は結婚相談所を利用した方が良い?

40代になると体力・行動力ともに20代や30代に劣るケースがみられ、限られた時間を有効活用するためにも効率的にお相手探しをしていく必要があります。

結婚相談所なら同じ状況の同世代・同年代を中心に探すことができますし、自分のプロフィールに沿ったマッチングや婚活に有効なアドバイスを受けることが可能。

婚活において改善しなければならない部分を指摘してもらえるので、登録だけしておいて時間を無駄にするリスクが減らせます。

マッチングアプリやマッチングサービス、サポートの薄い婚活会社などはいずれも登録後にほとんど成果が見込めないことがあり、婚活に必要なアドバイスも受けにくい可能性が。

しかし、結婚相談所では一人ひとりに丁寧に向き合いながらお相手探しをサポートしてもらえるので、安心して出会いを期待することができます。

出会いが少ない人でも安心して利用できる

40代からの婚活は、50代以降を視野に入れた現実的な婚活計画の組み立てと、時間を効率的に使った活動がポイントになります。

結婚相談所ではそれぞれの利用者の性格や将来のプランをヒアリングしたうえで、最適な相手を紹介します。

出会いが少ない方はもちろん、「周囲が結婚してしまい今後の出会いに期待できない」という方にもおすすめです。