50代と他の世代の婚活事情を比較!結婚相談所がおすすめな理由

50代に入ると、20代から40代までとは異なる婚活スタイルをとって成婚に繋げている方も多くみられます。

ここでは50代の婚活について詳しく紹介し、結婚相談所の利用が適している理由についても解説します。

他世代と比較した50代の婚活事情

20代から30代までの若年層は婚活イベントなどに出て相手を探したり、婚活アプリ・SNSを使った相手探しをしたりと婚活に積極的。

30代から40代の働き盛り世代は婚活をしながら職場や趣味の活動でも相手探しをすることが多く、退職やセカンドライフを意識する50代以降よりもやや積極的な印象です。

結婚相談所での50代前半の成婚率は男女ともに10%を大きく下回っており、50代登録者の比率に対して成婚の件数が少ないことからも、中高年での婚活はやや厳しいといえるでしょう。

また、50代から結婚相談所を利用する人はいくつもの相談所を渡ってきた経験者がいる一方、「仕事一筋だったので結婚のチャンスがなかった」「年齢的に異性と出会うチャンスがない」と、人により背景が異なることも特徴です。

しかしひとたび条件が合えば成婚までに時間がかからないという側面もあります。

20代から40代までは長期的に暮らすことを考えてお互いの相性を慎重に見極めようとしますが、50代では残された人生が限られていることもあり、意気投合や価値観の一致によって成婚に結びつくことが多いようです。

50代は結婚相談所の利用をおすすめする理由

50代の婚活は、同年代との出会いやマッチングが期待できるため、自分の足で相手を探すよりも効率的な場合があります。

自分で一人ずつ結婚相手を探していくのは困難ですが、多くの登録者を抱える結婚相談所を利用すれば、希望に合うお相手が見つかる可能性も。

また、結婚相談所では一人ひとりのプロフィールや性格に合わせて相手をマッチングするので、無作為に紹介される心配がなく安心です。

はじめのうちはお相手に恵まれなくても、登録を続けていれば念願のお相手に巡り会えるチャンスもあります。

結婚相談所は50代からの婚活をサポート

50代からの婚活は、周囲に独身の同年代が少なくなる関係で「難易度が高い」と思われがち。

結婚相談所では、同じような状況の人同士をマッチングさせるシステムと、お見合いや紹介を組み合わせた出会いのサポートを行っています。

出会いが少ない方は積極的に利用を検討してみてはいかがでしょうか。