婚活パーティーで同じ人と再会したときの対策と回避する方法


婚活を行っていると、時々別の婚活パーティーで出会った人と再会することがあります。

過去にご縁がなくお断りをした方と再会してしまうと、とても気まずい気持ちになる方は多いのではないでしょうか。

今回は、婚活パーティーで同じ人と再会してしまったときの対策と、再会を回避する方法について解説します。
同じ人に会ってしまうことが心配で婚活がなかなか思うように進められない方は、参考にしてみてください。

婚活パーティーで同じ人に再会してしまったときの心構え

まず初めに、婚活パーティーで同じ人に再会してしまったときの心構えについてお伝えします。

言い訳はしない

相手の方と話をするときは、できるだけ隠し事や言い訳をしない方がよいでしょう。
気まずい気持ちを誤魔化そうとすると挙動不審になってしまうからです。

さらにいえば、相手の方が不信感を募らせてしまい、最悪の場合は怒りだしてしまうかもしれません。

できるかぎり言い訳はせずに誠実に話すことをおすすめします。

主催者側のスタッフに相談する

どうしても再会した人と話したくない場合は、主催者に相談をするのもよいでしょう。

主催者としても参加者間でいさかいやトラブルになることを避けるために協力してもらえるはずです。

婚活パーティーで以前と同じ人に会ってしまった際の対処法

婚活パーティーで以前と同じ人と再会してしまった場合の対処法について解説します。
基本的には「積極的に関わる」ことを意識して対処することがおすすめです。

対処法①明るく挨拶をする

1つ目は、明るく挨拶をすることです。

たとえば「こんばんは! またお会いしましたね。」などとあいさつをして、しばらく会話をしてみてください。

率直なコミュニケーションを取ったほうが、飾り気のない印象を与えることができて、余計なしこりを残さずに済むからです。

4~5分程度会話をしてからその場を離れれば、気まずい思いもせずに済むでしょう。

対処法②婚活友達になる

2つ目は、婚活友達になることです。

もし相手に対して友人として交流ができる人だと思える場合は、婚活友達になってみてはいかがでしょうか。
一緒に婚活を行う友人になれば、そこから新しい出会いが広がるかもしれません。

また、お互いに婚活についてのアドバイスなどができるようになれば、その後の婚活がスムーズに進むことも期待できるでしょう。

婚活パーティーで同じ人と出会わないための対策

婚活パーティーで同じ人と出会わないようにするための対策について紹介します。

具体的な対策としては、これまで参加していたものとは違う開催条件の婚活パーティーに参加するとよいでしょう。

たとえば、今まで参加していたのとは違うエリアの婚活パーティーに参加することや、曜日や時間帯をずらすことはおすすめです。

また、形式が異なる婚活パーティーに参加をしてみるのもよいでしょう。

これまで1対1の形式の婚活パーティーばかりに参加していたのであれば、立食パーティーの形式や、街コンや趣味コン形式の婚活パーティーに参加してみるのもおすすめです。

条件が違うと参加する人の属性も変化するので、同じ人たちと再会する可能性が低くなります。

婚活でもし同じ人と会ったら誠実に対応するのがおすすめ

今回は婚活パーティーに参加したときに、同じ人と再会してしまったときの対処法などを紹介しました。

どうしても気まずく感じてしまうかもしれませんが、できるだけ誠実に対応することを意識しましょう。

ご縁がない人であったとしても、丁寧なやり取りを心がけていれば、いざ本命の方と出会ったときにも良識的で魅力のある対応ができるはずです。

ぜひ、今回の記事を参考にして見て対処してみてください。

アクアマリアージュでは、お客様が安心して婚活ができるように日々心をこめてご支援しています。
結婚相談所への入会を検討されている方は、お気軽にご相談下さい。