転勤族で結婚相談所は不利?その理由と成功のコツ


結婚相談所を利用したくても、転勤族のため成婚できるかどうか不安に感じている方も多いのではないでしょうか。
たしかに、結婚相談所を利用している人のなかでも、転勤族の方は成婚しにくいという事実もあります。
しかし、絶対に成婚できないというわけではありません。

そこで、この記事では転勤族の方が結婚相談所を利用しても不利になりがちな理由と、成婚するためのコツを説明します。
結婚相談所の利用を検討している転勤族の方は、ぜひ参考にしてください。

結婚相談所で転勤族の方が不利な理由

結婚相談所を利用している人のなかでも、転勤族の方が不利になってしまう理由はなぜなのでしょうか。
その理由は、結婚後に転勤が決まりパートナーが転勤先についていくか、あるいは単身赴任をして普段は離れて生活するかの二択を迫られるためです。

ひと昔前だと、妻が寿退社という形をとって夫の転勤先についていくことも珍しくありませんでした。
しかし近年では、共働きを希望する女性も多くいます。
従来の傾向とは異なり、妻のほうが転勤族で結婚後も働き続けたいという場合ももちろんあるでしょう。
このような背景から、男女を問わず、パートナーの転勤に合わせて自身が仕事を辞めることは避けたいため、転勤族との結婚に抵抗を感じる人がいるのです。

また、パートナーの転勤についていかないことを選んだ場合は、単身赴任になります。
せっかく結婚をしたにもかかわらず、普段は離れて生活するということに抵抗があるという人ももちろんいるでしょう。

転勤族の方が結婚相談所で成功するためのコツ

転勤族の方は結婚相談所で不利になってしまうことがあるとお伝えしましたが、コツを押さえれば成婚ももちろんできます。
そのコツとは、相手に歩み寄る姿勢を持つことです。

結婚相談所に入会すると、自分のプロフィールを記載することになります。
主な記載項目は、生年月日や住まい、学歴、職業、趣味、そして自己PRなどです。

その際、自分が転勤族でも相手にマイナスの印象を与えないためには、自己PRの部分に転勤についてポジティブな印象を持ってもらえるような内容や、転勤に対する相手の不安を払拭できるような内容を記載しましょう。
このようにして相手に歩み寄る姿勢を見せることで、プロフィールを見る人に対して安心感を与えられます。

転勤族の方が結婚相談所で成功するコツは相手に歩み寄ること

いかがでしたでしょうか。

転勤があると仕事を辞めなければいけないなどの理由で、転勤族の人とは結婚したくないというお見合い相手もなかにはいます。
しかし、プロフィールの自己PRを記載する欄で、転勤に対しての考え方や想定される転勤の頻度などを丁寧に説明すれば、プロフィールを見る人も安心できます。

相手に歩み寄りの姿勢を見せて、お見合いを成功させましょう。

アクアマリアージュでは、転勤が多いことが理由で結婚できない人へ成婚のコツをレクチャーしています。
お見合いを成功させたい転勤族の方は、ぜひお気軽に相談してください。